住宅メーカーの疑問を解決します!

このサイトでは、住宅メーカーの建築プランの詳しい説明、メーカー側に事前に聞いておくべきことなどをまとめて紹介しています。
他にも設計技術はメーカーごとに異なることや、グッドデザイン賞の特徴、ディーラー制の特徴、実際に1,000万円台の予算で家を建てることが出来るのかといった、これからマイホームを建てるという計画を立てている方に向けた様々なコラムをご紹介していきます。
どういったメーカーを探せばいいのかわからないという方におすすめの情報となります。

住宅メーカーの建築設計プランとは?事前に聞いておくべきことまとめ

住宅メーカーの建築設計プランとは?事前に聞いておくべきことまとめ 住宅メーカーによる建設設計プランとは、購入者との対話の場を作り設計者の知識や経験を総動員した感性により、設計図に置き換えて注文住宅の提案をしてくれます。
個人用の注文住宅の設計の場合、購入者の要望を全て聞いてプランに反映するだけではなく、新築の場合は敷地の現況を把握した上で、近隣敷地の状態や法的条件を整理するなどプランを組むことで、よりよい提案をすることが出来るメリットがあります。
そのため住宅メーカーの担当者と打ち合わせをする際には、購入者側は事前に聞いておくべきことをまとめておく必要があり、例えば希望する家のイメージがあるなら画像や映像などを用意して見せると相手も分かりやすいです。
イメージはできるだけ具体的に伝えることがポイントです。

住宅メーカーで実施をしている図面の作成方法

住宅メーカーで実施をしている図面の作成方法 注文住宅を購入するとき、最初におこなう作業が内装と外装の図面の作成です。
なかには家主自身がこれを用意する場合もありますが、高い専門的なスキルが必要なので一般的ではありません。
ほとんどが住宅メーカーが担当しますが、どのようにして作っているのかご存知ですか。
その作り方は大半の住宅メーカーで共通となっています。
CADという専用にコンピューターソフトを用いていて、3D形式で構造を構築していくのが特徴です。
CADは図面を作るための専用ソフトで、通常のパソコンを用いて操ることができます。
一般的にはマウスではなくタブレットという専用の端末を使用して、直観的な操作で構築をするのもポイントです。
住宅メーカーでは設計士が在籍しており、この人たちが担当をしています。
注文住宅であれば家主としっかりとヒアリングをして、希望を盛り込んだ図面を作らないといけません。
ポイントを抑えられるスキルと聞く能力に長けている方が必要で、住宅メーカーでは営業担当者が家主と設計士の橋渡しをなされる場合がほとんどです。
完成したものを写真におさめて、今後の設計にいかされる方も多く、なかにはテンプレートにして自社ブランドにすることもあります。

住宅メーカーに関する情報サイト

住宅メーカー探しはお任せください